諦めかけた夢を追うきっかけを作ってくれたBUMP

私が好きなアーティストは、BUMP OF CHICKENです。
BUMPの曲には、これまで何度助けられたか数えきれないくらい救ってもらいました。
初めて彼らを知ったのは、『天体観測』という曲でしたが、その後発売された『Jupiter』というアルバムをきっかけにファンになった記憶があります。

 

どの曲も、頭の中に情景が浮かんでくる歌詞で、まるで絵本や物語を読んでいるかのようです。
ファンの間で有名な『K』という黒猫と絵描きの歌もその一つですね。
歌詞にメッセージ性が強いのも魅力的で、シングル曲だけでなくアルバム収録曲にも名曲がたくさん揃っています。

 

私がいちばん思い入れのある曲は、『FLAMEVEIN』に収録されている『バトルクライ』です。
【ここが僕のいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所】という歌詞があるのですが、自分が病気を発症し夢を諦めかけたときにこの歌を聴き、すごく励まされました。
たとえ自分が今どんな状況だろうと、夢を叶えたいという気持ちは消せない…そんな想いを代弁してくれているようでした。

 

これからも大好きなBUMP OF CHICKENを応援し続けていこうと思っています。
引取り業者にピアノを高く引き取ってもらうには

 

 

シンガーソングライター的発想新着記事

2015/05/16 17:37:16 | 歌のこと
16歳の夏にパンクロックに出会いました。そもそも興味を持ったキッカケは当時流行していたファッションからでしたが、初期パンクNYパンクを好み、バイト代を貯めてCD,レコードなど買いました。王道のSexpistols、Damned,Deadboys,Stooges,は勿論のこと、知らないバンドや聴いたことのないバンドを求めてコンピCDも随分買い、初版のレコードやレア盤を求めて結構な大金をはたいてLaへ行って買ったりなんかもしたものでした。が、子供達が産まれた今はすっかり聴くこともなくなり家で眠ってい...
2015/05/16 17:37:16 | 歌のこと
私は中高生の頃、T.M.revolutionにハマっていました。浅倉大介さんが作る西川さんの曲はどれも大好きでしたが、西川さんの容姿も凄く格好いいと思っていて、当時プロモーションビデオを購入しては、一人で画面に釘付けになって見ていました。中高生といえば、好きな人が出来始める時期ですが、周りにいる異性に対しても、西川さんに似ているかどうかを常に見てしまっていました。部屋に西川さんの特大のポスターを貼ったり、西川さんの顔写真シールを買ってきてノートにペタペタ貼ったり、とにかく西川さんに夢中でした。そ...
2015/05/16 17:36:16 | 歌のこと
私は12年ほど前中学生だった時にORANGE RANGEに出会いました。メジャーデビューしてすぐ上海ハニーからドラマの中で使われたり、アニメやドラマの主題歌になったりでTVでの露出も多く、私たち世代なら皆知っているようなほど人気がありました。ただ、メジャーで活躍するということはタイアップに合わせた曲作りも必要でしたし、とにかく多忙で体調を崩してしまうメンバーもいたようです。より自由度の高い音楽を・・・と自らレーベルを立ち上げ、インディーズに移行した彼ら。確かにTVなどで見る機会は減ってしまいまし...
2015/05/16 15:16:16 | 歌のこと
物心ついてからずっと大好きで習っていたピアノ。最初はオルガンをどこかから母が借りてきて練習していました。押せば音が出る。自分の指がメロディーを奏でる。そんなところが魅力的で、レコードから聞こえてくる音やピアノの先生の音とはちょっとちがうなと思ってはいたものの、夢中になって遊んでいました。ある日、小学校から帰ってくると立派なアップライトのピアノが存在感たっぷりにリビングにおいてありました。毎日私が熱心に弾いているという話を聞いた伯母がオルガンとピアノでは全く違うからきちんとしたものを弾きなさいと、...